ページの先頭です

最近の星の世界(2019年5月)

[2019年5月11日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~ 尾鷲市立天文科学館より ~






 新時代……
 じつは それも、毎日の
 積み重ねの ほんの いち部
 でしか ありません。ただ、
 そんな 毎日こそが ほんとうは
 特別な日々の くり返し かも
 しれない だけなのです。





それでは中村山からの天体解説、湯浅さん、どうぞよろしくおねがいしま~す!




めぐる時代




はい こんにちは。天文科学館 撮影および解説担当、天体観測指導員 湯浅祥司です。

 

 

 

では 今月もまいりましょう 「最近の星の世界」。





令和の日の出



新しい年号が始まりました。その「初日の出」を撮ろうといろいろ準備していたのですが、残念、当日は全国的に雨。それでも諦めずに、翌日の朝、チェレンジしてきました。


東南東には月齢26の三日月と金星が見えています。5時4分50秒、水平線から太陽上縁が見えてきました(天文学でいう日の出)。しかし薄雲があるようで、なかなか光度が上がりません。できれば尾鷲からの撮影であることがわかる写真にしたいので、10分ほど、その機会を待ちました。


釣り客を乗せた船の動きが激しくなり、鳥たちも飛び始めました。


広角や望遠レンズを使って、たくさん(300枚ほど)写しました。


撮影時から気づいていたのですが、やはり雲の加減からか、太陽を取り巻く光輪が、いつもと違うような気がします。持ち帰って画像処理してみると、なんとハート形が出てきました。




 令和の日の出。



 
 瀬渡し船が動き始めました。

 太陽の廻りには光輪が見えています。






 画像処理した光輪。
 真ん中の小さな○が太陽、
 下の帯状のものは海に写った光。

 光輪は扇形のようであり、
 ハート形にも見えます。
 ダイヤモンドの横顔にも……。

 佳い時代になりますように!



M87~ブラックホール



M87銀河には大きなブラックホールの存在が予想されていました。今年の4月、国際協力プロジェクトEHTの成功で、その姿を直接見ることが可能になりました。

M87銀河は付近の1300~2000個ほどの銀河で形成するおとめ座銀河団の中心のひとつで、巨大なことで知られています。その距離は、およそ6000万光年です。



私たちの天の川銀河は半径およそ300万光年の中に、約35個の銀河が集まって局部銀河群を形成しています。この銀河群はさらに大きな銀河の集団・おとめ座銀河団に含まれています。



おとめ座銀河団の図。

私たちの銀河系とM87の位置関係です。画面の小さな点は「星」ではなく、「銀河」です。


         ~作図;Mitaka~



5月4日の観望会では、大望遠鏡の視野に3個の銀河が同時に見られ、その多さが印象的でした。

 

 

 

 

さて、今回の中村山山頂ドーム発 「最近の星の世界」、

 

いかがでしたでしょうか。以上、

 

尾鷲市立天文科学館 天体観測指導員、湯浅祥司でした。

 

 

 

 

 

湯浅さん、ありがとうございました!

天文のフシギは、まさしく

日進月歩なんですね……。

 

では 来月も、どうぞよろしくおねがいしま~す♪



~ 天文科学館からのご案内 ~





そのほか当館からのご案内といたしまして、夜間観望会のご案内や、各種のイベント予定などがございます。また、中村山公園ご利用の皆さまにおかれましては、開館時間中、当館トイレはいつでもご自由にお使いいただいております。金曜日~日曜日の開館時間内には、公園内の遊具設備とともに、どうぞお気軽にご活用くださいませ。


 ↑  こちらの画像クリックで、「天文科学館総合ホーム」のページに♪





それではまた 次回の 星の世界で!

 



 

 

 

(当ホームページへのご意見・お問い合わせなどに関しましては、こちらのシートからどうぞ♪)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課天文科学館

電話: 0597-23-0525 ファックス: 0597-23-0525   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム