ページの先頭です

最近の星の世界(2020年5月-2)

[2020年5月9日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~ 尾鷲市立天文科学館より ~




  その 壮大な フシギ……

  星空を 見る。
  ある意味 それは、
  ほんとうは、すごく贅沢な
  瞬間なのかも しれません……




それでは中村山からの天体解説、湯浅さん、よろしくおねがいしま~す♪



春の星空散歩




はい こんにちは。天文科学館の撮影および解説担当、天体観測指導員 湯浅祥司です。

 

 

では さっそく、今月もまいりましょう 「最近の星の世界」。




~北極星の移動~



地上では疫病がはやっています。気分転換に、春の星空散歩をしましょう。



みなさん、日周運動とはちがって長い時間をかけて、北極星が移動していく、という話を聞いたことがありませんか? 26,000年という、気の遠くなるような時間をかけて、「北極星」が動いていきます。現在はこぐま座α(アルファ)星がその「当番」を務めていますが、12,000年後には、こと座のベガが北極星になるそうです。これを「歳差運動」といいます。


動きの証拠を検出できないだろうか、と思って56年まえに撮った古い写真をひっぱり出しました。画像は1964年10月、前回の東京オリンピックの年に撮影したもので、露出時間は1時間15分です。



こちらは今年4月22日に撮影。 空全体がすこし明るくなりましたが、暗い星は相変わらずよく写っています。偶然ですが、写した場所は互いに82mしか離れていません。


昔はキツネやタヌキが走り回っていた市の苗圃(びょうほ=ヒノキの苗を育てる畑)だったところが宅地になり、そこへ現在の観測所が建っています。



古いほうの写真(1964年10月撮影分)。まず、欲しいところを切り取ります。つぎに、わかりやすいように白黒にします。


コンパスを使って10個ほどの光跡から垂直線を引き、真の北極を割り出します。+のマークが、その中心点です。



新しいほうの写真(2020年4月撮影分)。古い写真にあわせて、画面を回転させます。


先ほどと同じ作業をくり返します。


2枚の写真をじっくり見くらべてください。北極星の歳差移動が確認できました。


50年後のほうが、天の北極が北極星により近いのがわかります。2,100年まで近づいていきます。



極軸のセッティング。

写真も撮れるような立派な望遠鏡を手に入れたとき、据付でまっさきにしなければならないのは、正確な北極星の導入です。これが合っていないと、星は点像になってくれません。


そこで望遠鏡に組みこまれた極軸望遠鏡をつかって、正確な据付をします。左はそのパターンの例です。年によって微妙に合わす目盛りになっています。歳差移動があるため、最初が一番難しいのです。



おとめ座超銀河団


おとめ座が見やすい位置にやってきました。明るく有名な天体が少ない場所ですが、遠くの銀河が密集していることで知られています。



おとめ座からかみのけ座にかけてひときわ密集しているところに、カメラを向けてみました(白い長方形)。



白黒に加工。番号を書いてある一番暗い銀河は15等です。拡大すると、もっと暗い銀河がたくさん写っています。

宝石箱をひっくり返したように、銀河がざくざくと写っています。


M87は昨年、太陽質量の65億倍もある超巨大ブラックホールが見つかった銀河。1300~2000個あるといわれる銀河集団(銀河団)の中心といわれています。私たちの銀河系やアンドロメダ銀河、大マゼラン雲などは、この超銀河団のはずれに位置しています。 ※M=メシエ天体 番号のみ=NGC天体  I=IC天体



左上の「マルカリアンの鎖」という有名な構造の一部を拡大しました(空のきれいな晩に、もう一度チャレンジしてみます)。


しし座デネボラ、おとめ座スピカ、うしかい座アークトゥルスに囲まれた「春の大三角形」のなかには、天の川銀河のような銀河が集中しています。 ”マルカリアンの鎖”といわれるM86を中心とした銀河の集まりです。1960年代、鎖を構成する10個近い天体に共通する固有運動を発見した、旧アルメニアの天文学者B.E.マルカリアンにちなんで命名されました。

 

この銀河群は、1300~2000個の銀河が集まっているM87を中心とした直径2億光年のおとめ座超銀河団に含まれています。近年さらに大きな構造の研究がなされ、10万個が5億2000万光年のなかに集まっていることがわかり、ラニアケア超銀河団と名づけられました(2014年)。

 

春の淡い銀河の集まりは、まさに「神の神」が住んでいそうな場所です。

 

 

 


さて、今月の中村山 山頂ドーム発 「最近の星の世界」、

 

いかがでしたでしょうか。以上、

 

尾鷲市立天文科学館 天体観測指導員、湯浅祥司でした。

 

 

 

 

 

湯浅さん、ありがとうございました!

特別版となりました「最近の星の世界」、 

次回もどうぞ よろしくおねがいしま~す!





~ 天文科学館からのご案内 ~






そのほか 当館からのご案内といたしまして、夜間観望会のご案内や各種のイベント予定などがございます。また、中村山公園ご利用の皆さまにおかれましては、開館時間中、当館トイレはいつでもご自由にお使いいただいております。金曜日~日曜日の開館時間内には、公園内の遊具設備とともに、どうぞお気軽にご活用くださいませ。


 ↑  こちらの画像クリックで、「天文科学館総合ホーム」のページに♪




 ではまた 次回の 星の世界で!

 



 

 

 

(当ホームページへのご意見・お問い合わせなどに関しましては、こちらのシートからどうぞ~♪)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課天文科学館

電話: 0597-23-0525 ファックス: 0597-23-0525   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム