ページの先頭です

最近の星の世界(2010年10月)

[2016年1月15日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

尾鷲の空は、夜だけでなく昼間もさまざまな趣を見せてくれます。
今回は夜空ではなく、昼間の空をご紹介します。

                (写真と文:尾鷲市天体観測指導員  湯浅祥司さん)

 

◎ 尾鷲の空 ◎彡

火力発電所の煙突にかかる「虹」



自動車で移動して気がつきました。
りっぱな「虹」。
道ばたに停車してとりあえず1枚。


○データ:2010年8月30日 15時49分 
  コンパクトデジカメ使用
      ※少々画像処理しています

 

 

「にじのにじ(2次の虹・・・)」



虹は観察者と太陽の角度で移動します。
上下に2つの虹が見える「にじのにじ」も写りました。
(2次の虹・・・)
色の階調が逆になっているところにご注目!


○データ:2010年8月30日 15時54分 
  コンパクトデジカメ使用
      ※少々画像処理しています

 

 

彩雲(さいうん)



彩雲。錦雲とも言います。
晴れた日の夕方、虹のように見える雲が、
水蒸気の多い尾鷲では多く見られます。
上を向いて歩きましょう!


○データ:2010年9月28日 17時02分 
  コンパクトデジカメ使用
      ※少々画像処理しています

 

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)
 開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)/夜間【好天時のみ】19時00分~21時30分(金曜・土曜)
 TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525
 E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp