ページの先頭です

最近の星の世界(2011年3月)

[2016年1月20日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

マーク

 尾鷲市は雨が多いですが、その分晴れた日は空気が澄みきっており、スター・ウォッチングをするには最適です。
 そんな素敵な星の世界をご紹介します!

☆ 冬の星たち ☆

暦の上ではもう春ですが、午後8時頃 真南の少し西には、まだ冬中楽しませてくれた星たちが輝いています。
(写真と文:尾鷲市天体観測指導員  湯浅祥司さん)

 

そろそろ見納めです・・・。


オリオン座の東側にある おおいぬ座の主星・
「シリウス」も時間的に見やすい位置にいます。

もうそろそろ見納めになります・・・。


○データ:2010.12.28  ISO3200
      58mm Noct 絞りF2 15秒

 

 

シリウス おおいぬ座α


真冬の空にひときわ明るく輝いている星「シリウス」。
全天一の輝星で、マイナス1.5等星。
明るいのは8.6光年と近いことと、比較的大きいからです。
中国では天狼星(てんろうせい)というそうです。

※右下中央の光跡は人工衛星です。(注:上が南)

○データ:2011.2.26 
     81cm N焦点 ISO6400 8秒

 

 

 

ハート型?(散開星団 M41)


シリウスのすぐ下(南)に目を凝らして見ていると、
なにやらぼんやりしたものがありそうな気がします。
50個の星が緩やかに集まったM41です。
距離はすばるの6倍で、2470光年です。
斜線は偶然通過した人工衛星。

・・・星の配列が,ハート型に見えてきませんか?

○データ:2011.2.26 
     81cm N焦点 ISO6400 30秒
     

 

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)
 開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)/夜間【好天時のみ】19時00分~21時30分(金曜・土曜)
 TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525
 E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp