ページの先頭です

最近の星の世界(2013年2月)

[2016年2月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

☆ 最近の画像から ☆

ISS

 お馴染みとなった国際宇宙ステーション(ISS)。一度、絵になる写真を、と計画したのがこの画像。
 大晦日の宵、天満の大堤防上で予報通り北西に姿を見せたISS。凍えて動きにくい指でシャッターを押すこと15回。その15枚を合成して1枚に仕上げました。同じ画面に人工衛星が1個、流星が1ヶ、尾鷲上空で進路を変える飛行機が1機写っています。
 合成画像なので点線に写っていますが、ISSは実際には点滅しません。

国際宇宙ステーション(ISS)



  製品出荷に追われる港の上空を飛んでいくISS。





  2012.12.31 18:11'55"~16'04"
  D700 14-24(14)mm F2.8 1600
  露出時間 各15秒×15枚



  火力上空を南下していくISS。

  大煙突~八鬼山上空へ。



  2012.12.31 18:16'14"~18'58"
  D700 14-24(14)mm F2.8
  露出時間 各15秒×10枚

 

 

オリオン座大星雲(M42)

  
  つい気になって見てしまうオリオン座大星雲(M42)。
  天の赤道に位置するため、静止衛星(通信衛星・気象衛星など)が、
  頻繁に横切っていきます。

  3枚重ねのこの例では、真ん中を左から右へ横切っている衛星が写っています。
  (下=北)

  2013.1.12 20:39'~20:41'
  81cm N焦点 f=3120mm
  ISO6400 30秒×3枚(合成)

 

 

黒点



  太陽の活動が活発になると黒点が現れます。
  ここ数年、無黒点の日が続き、太陽を生命の源とする人類は・・・と心配されました。

  今年は新年からしっかり現れました!


  2013.1.11 150mm f=1050直焦点
  インコーネル太陽フィルター D700 ISO400
  露出 1/400秒



  黒点(拡大)。

  カゲロウの影響で、もやもやです。



  2013.1.11 150mm f=1050(拡大)
  インコーネル太陽フィルター D700 ISO400
  露出1/20秒(補正1.3)



  黒点(画像処理)(1)。


  見やすいように画像処理しました。



  黒点(画像処理)(2)。


  赤色の成分だけ抜き出し、更にモノクロにして処理しました。
  黒点群まわりの活発な領域が見えてきました。

 

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)
   TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525
   E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp