ページの先頭です

最近の星の世界(2017年4月)

[2017年5月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

☆最近の星の世界から☆

最近の星の世界 2017.4月

地球儀

国際宇宙ステーション(ISS)観察会 天文科学館 4月14日

 1998年以降、何度もISSを撮影してきました。ところが皆さんと見るには、月があったり早朝だったり休館日だったりと、なかなかタイミングが合いません。

 4月14日は条件が合い、しかも明るく見えることがわかったので、新聞で観望会をお知らせしたところ、27名の皆さんが参加してくれました。心配していた薄雲も晴れて、予報通り飛んでいくISSを見ていただけました。

国際宇宙ステーション(ISS)

国際宇宙ステーション飛行予報図

・19時53分
 便石山の西にある大台ヶ原のさらに10度西(左)に姿を現す
・19時56分
 最高高度84度に達する

・19時56分46秒
 地球の影に入る

※ 天文科学館で配布したもの

実際の国際宇宙ステーション飛行写真

 みんなが「見えた!見えた!」と言っている間に、カメラに記録されたISS。(合成写真です。)
 予報通り飛んでいるのがよくわかります。
 10秒露出の画像を23枚重ねてあります。

撮影データ
 14mm F2.8→F5.6 ISO 1600

メシエ(M)天体

M1(かに星雲) おうし座の散光星雲

M1(かに星雲) おうし座の散光星雲

 西暦1054年に出現した超新星爆発の残骸です。当時、昼間でも見えたと記録されており、日本では藤原定家(ふじはらのさだいえ)の記した「明月記」という書物に記録が残っています。
 「天喜二年四月中旬以後の丑の時、客星觜・参の度に出ず・・・大きさ歳星の如し」
 「・・・オリオン座の方向に木星くらいの明るさの星が現れた・・・(現代語訳)」
 光度8.4等星、距離7200光年
 見かけの大きさ 6分×4分
 赤経: 05時 34.5分
 赤緯: 22度 01分
 
※ 位置は2000.0年を基準にした数値です。
※ 数値は理科年表、天文年鑑の値です。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)
  開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)/夜間【好天時のみ】19時00分~21時30分(金曜・土曜)
  TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525 E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp