ページの先頭です

最近の星の世界(2018年3月)

[2018年3月30日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

☆最近の星の世界から☆

最近の星の世界 2018.3月

地球儀

月面名所めぐり

 春は月の高度が高く、3月24日は60度近くありました。それに空気が澄んでいて風がなかったので、きれいな月面写真が撮れました。ちょうど「名所」といわれる地形が3つ写っていました。

月の写真(平成30年3月25日 19:34撮影)

 月面には各所に名前がつけられているのですが、今回、月面”X”(エックス)、ヒギヌスの谷、アルプスの谷と呼ばれる3点が綺麗に写りました。

月面”X"

月面”X"

 月面”X"は、ブランキヌス、ラ・カーユ、プールバッハという3つのクレーターに囲まれた辺りに太陽が当たり始めると見える地形です。上弦の月の頃の2~3時間だけ観察できます。

ヒギヌス谷

ヒギヌス谷

 ヒギヌス谷(右)は、小さなクレーターがつながっている部分もある浅い谷です。
 アリアデウス谷(左)は、ヒギヌス谷の左に続く広い谷で、その先には1969年に人類が初めて月に着陸したアポロ11号の着陸点があります。
 長さはともに220kmもあります。

アルプス谷

アルプス谷

 アルプス谷は、長さ180km、幅10kmの裂け目です。真ん中に筋が入っていて、小さなクレーターがつながっています。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)
  開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)/夜間【好天時のみ】19時00分~21時30分(金曜・土曜)
  TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525 E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp