ページの先頭です

最近の星の世界(2019年1月)

[2019年1月26日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~ 尾鷲市立天文科学館より ~





   見えるかなあ どうかなあ……

   すこし ハラハラ
   させられて しまいましたが、
   いかがでしょう、
   みなさま ご覧に
   なられましたでしょうか……?





それでは中村山からの天体解説、湯浅さん、今回も よろしくおねがいしま~す!




部分日食




はい こんにちは。天文科学館 撮影および解説担当、天体観測指導員 湯浅祥司です。

 

 

 

では 今月もまいりましょう 「最近の星の世界」。





太陽観望



年始めの1月6日、全国で部分日食が見られました。

 

日食は星の世界の一大イベントなので注目されます。ところが、どういうわけか天気に恵まれないことが多く、2016年3月9日の部分日食は厚い雲に覆われ、時々小雨まで降る最悪のコンデション。世紀の金環食と言われた2012年5月20日の日食では、厚い雲の隙間から時々見えた程度でした。

 

今度こそ、と期待した今回の部分食でしたが、前半は雲が多く点をつけるとすれば50点あるかどうか。それでも、日食の進み具合を確認することはできました。小さな黒点も3つあり、こちらも良いアクセントとなりました。当日、28名のみなさんと当館施設内外からその様子を眺めながら写した日食画像、263枚から抜粋したものをご覧ください。

 

  間隔は、およそ15分です。



9時15分

9時31分

9時59分  食の中心(食分0.37)

10時15分

10時34分

10時45分

11時00分

11時15分

11時21分


※シャッターは観望された方にも押していただきました。

※機材カメラのファインダーに携帯端末を押しつけて撮影する方などもおみえになりました。

 

撮影データ

・望遠鏡     15cm FCT

・フィルター      インコーネル(カナダ)

・カメラ    D810A

・感度       ISO 6400

・露出設定   Auto

・画像処理   なし

 


これからの日食 

・2019年12月26日(午後) 今回と同じ位の欠け方です。(食分0.37)

・2020年 6月21日     部分日食

・2030年 6月 1日     部分日食

・2035年 9月 2日     皆既日食

 

 

当日、晴れてほしいですね。

 

 

 

 

 

さて、本年最初の中村山山頂ドーム発 「最近の星の世界」、

 

いかがでしたでしょうか。以上、

 

尾鷲市立天文科学館 天体観測指導員、湯浅祥司でした。

 

 

 

 

 

湯浅さん、ありがとうございました!

観望会当日は 予期せぬ運試しとなりましたが、

本年も どうぞよろしくおねがいしま~す♪



~ 天文科学館からのご案内 ~





そのほか当館からのご案内といたしまして、夜間観望会のご案内や、各種のイベント予定などがございます。また、中村山公園ご利用の皆さまにおかれましては、開館時間中、当館トイレはいつでもご自由にお使いいただいております。金曜日~日曜日の開館時間内には、公園内の遊具設備とともに、どうぞお気軽にご活用くださいませ。


 ↑  こちらの画像クリックで、「天文科学館総合ホーム」のページに♪





それではまた 次回の 星の世界で!

 



 

 

 

(当ホームページへのご意見・お問い合わせなどに関しましては、こちらのシートからどうぞ♪)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課天文科学館

電話: 0597-23-0525 ファックス: 0597-23-0525   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム