ページの先頭です

最近の星の世界(2012年9月)

[2016年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

☆ 最近の画像から ☆

ペルセウス群

 8月4日には恒例の港まつり花火大会が開かれました。天文館は正面の高台から花火を見ることができる特別席で、今年も市民の皆さんと楽しみました。
 盆の頃、ペルセウス座方向から流れ出るように見えるγ(ガンマ)ペルセウス群は月明かりもなく、素晴らしい姿を見せてくれました。報道では12日21時がピークということでしたが、7月20日頃から1ヶ月近く見ることができました。

ペルセウス群


 いきなりペルセウス群が流れました。

 背景は、はくちょう座~わし座。
 雲のようなものは天の川。
 右上の輝星はアルタイル、左上はデネブ。


 2012.8.12. 22:59:33~ 30秒露出
 ISO感度3200 レンズ24mm F2.8(感度・レンズ以下同じ)
 【写真クリックで流星拡大】



 待つこと6分。また流れました。
 拡大画像を見て頂くと、色の変化がよくわかります。




 2012.8.12. 23:05:35~ 30秒露出
 【写真クリックで流星拡大】

 

 

アルタイルを横切る流星



 流れる方向が違うので、ペルセウス群ではありません。
 「散在流星」といいます。




 2012.8.12. 23:04:30~ 30秒露出
 【写真クリックで流星拡大】

 

 

停止流星

 

   次の2枚の写真のうち、下の写真にある矢印の光点に注目してください。

 

ペルセウス群



 1枚目の画像では何も写っていないのに、
 2枚目ではくっきりと写っています。

 2枚目撮影中にピカッと光ったのがわかりました。
 これは流星が観測者方向に向かってくるときに見られる「停止流星」です。



 2012.8.12. 23:03:24~ 30秒露出

ペルセウス群



 もし衝突したら・・・という心配はありません。
 流星は高度80kmくらいで燃え尽きるからです。






 2012.8.12. 23:03:57~ 30秒露出

 

 

花火特集

花火



     色彩にうっとり。

花火



     タンポポの種みたいな・・・

花火



  高度な技術の雰囲気。

花火



  空から降ってくる滝のよう。

花火



  天文ファンの樺山君が、携帯のビデオで撮った画像を提供してくれました。

 

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)
   TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525
   E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp